政策   2010 年 5 月 26 日

いま、HPを準備中で、その中で政策的な考えを話そうと思っていたのですが、ちょっとここでも書かせていただきます。

訴えたい政策は二つあって、ひとつは「信州の自然を生かした自由な地方行政の実現」です。私は、社会でも経済でも教育でも原則は自由、独自性を大事にするべきだと考えています。多様性、個性を引き出しよりよい社会を形成する。政治は社会の自由に節度を作り、自由が無法にならないようにするべきだと考えます。

特にいま、「地方分権」とさんざん言われている地方行政には特に自由が大切だと考えます。自由な地方行政は国から与えられるものではありません。国会での議論とともに、自治体が力をつけることが必要です。大阪府の橋下知事は挑戦しているように見えます。長野県の人は自治の精神が豊かだと私は思っています。ある本を2年前に読んでそう思いました。上田出身の私の友人も、いま東京で一生懸命長野のことを考えています。

長野の皆様と手を携えて自由な地方行政を勝ち取りたい。そう考えています。眠気で思考が停止してきたので、続きは別の投稿で述べたいと思います。

わかりやすい公約でなければ選挙は戦えないことはわかっていますが、自分の言葉で話すことを大切にしたいと思います。ではまた。

この記事は 2010 年 5 月 26 日 水曜日 1:30 AM に投稿されました。

コメント / トラックバックはありません

コメントをどうぞ

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて